2017年09月13日

ブルーベリーのジャムが作れなかった【 08 / 21 〜 08 / 26 】

お盆休みも終わり避暑地の小淵沢も静かになっただろうといつもの新宿11:00発の「あずさ13号」で小淵沢へ出掛けた。新宿での乗車率は7割程度であったが立川で満席になり立っている人がいた。まだまだ移動する人が多いらしい。

庭は相変わらず草ぼうぼうである、草刈りをしないので当然である。お盆休み前はまだ熟れていなかったブルーベリー、お盆明けには熟れ沢山収穫が出来るものと思っていた。ブルーベリーが沢山収穫出来ればジャムを作って1年ぶりに会う元同僚におすそ分けをしようと思っていた。ブルーベリーの実は熟れすぎてほとんど落ちていて残りの実は味がなくなっていた。
四・五年に一度しか咲かないサルスベリに花芽のようなものが付いていた。が、本当に花芽かどうかわからない。秩父の横瀬から持ち帰ったシュウメイギクが増えていて蕾を付けてきた。草刈りをしないで草ぼうぼうの庭にしておくのも良いことがある。名前を知らない小さく可愛い花があちらこちらに咲いてくる。いつもは咲かないホタルブクロウがあちこちに咲いている。ニッコウキスゲ、キツネノカミソリ、ユウスゲキスゲなどユリ科の花が咲いている。何処から種が飛んで来るんだろう。山アジサイやガクアジサイも木が育ち今年はきれいな花を咲かせた。

帰りの小淵沢駅は乗車券を購入する人で窓口は長い行列で混雑していた。我々は券売機で座席の指定をしたがここにも人がいた。ふたつ並んだ席は一カ所もなかった。今までになく混んでいた。乗り遅れたのか甲府で並んだ席に乗ってこなくてふたつ並んだ席ができたのでそちらに移って座った。





posted by アンリ・シバ at 22:19| アカイヌ山荘便り