2017年09月25日

百日紅は台風で花は散り、シュウメイギクは株が増え花がたくさん咲いてきた 【 09 / 18 〜 09 / 22 】

台風18号が日本を縦断する予報が出ていたので1日延期して18日に小淵沢に来た。台風の影響は東京の我がマンションにも影響を与え、庭木の枝が折れ方々に散らかっていた。小淵沢でも風の影響は大きく、我が家の四・五年に一度しか咲かない百日紅の木も被害を受けた。前回来た時の帰りに赤い花が咲いてきていた花が散っていた。花びらだけが散っていたのではなく花をつけている枝まで折れて落ちていた。残りは半分くらいであるが百日くらいは咲き続けて欲しい。前回も書いたがシュウメイギクが今年は株が増え花が満開になっていた。裏の家の境の石垣の陰に植えていた「ミョウガ」が育ち芽も出てきたので収穫をした。

posted by アンリ・シバ at 12:08| アカイヌ山荘便り