2018年08月23日

寒かった白樺平【 2018 / 08 / 16 〜 08 / 21 】

小淵沢へは、いつもの新宿11:00発「あずさ13号」で行く。前回7月末に行った時、学校が夏休みに入ったため子供連れの客が多く、新宿発車時で指定席は満席、自由席の車両前には列が出来ていた。時節柄(お盆の期間)電車は混雑するであろうと思い、座席指定を予約した、が自由席車両の前の列は思ったより少なかった。これでは指定席をとる必要はなかった。でも、やはり子供連れは指定席で座席を確保しなければ安心出来ないので座席指定席では子供連れの家族が目立った。いつもは甲府で下車する客が多く空席が出来るが甲府を過ぎても満席であった。

甲府を過ぎると左に南アルプス、右に八ヶ岳が見える。今日は両方の山ともに中腹まで雲がかかっていた。八ヶ岳は丁度白樺平の辺りまで雲がかかっている。山荘の辺りは雨になっていると思われた。小淵沢駅のホームに降りると雨は降ってはいなかったが少し涼しい感じがした。タクシー乗り場には列が出来ていて乗車するまで少し待つことになった。夏の季節は小淵沢駅は乗降客が多くなる。アカイヌ山荘まで上がって行くと雨は降ってはいなかったが道は濡れていた。

山荘の庭は前回以上に草茫々で雨が降ると靴とズボンの裾が濡れる。通り道だけでも草刈りをしなければと思った。日が陰り夕方になると気温が下がり涼しくなった。夜になると夏の服装では寒い。ストーブを付けたい気になったが、まわりの人に笑われそうなので我慢した。次の日の早朝には気温が7.5°まで下がった。下界の方も気温が下がり少し涼しくなっているという情報があるが、ここでは冬の気温で寒い。ここに避暑に来なくても東京で十分暮らせたと思う。


posted by アンリ・シバ at 12:45| アカイヌ山荘便り