2019年05月02日

2019年05月01日(水) 松屋銀座  トムとジェリー展

松屋銀座のHPによる解説には次のように記されている。

世界初!『トムとジェリー』の貴重な資料が海を越えてやってくる!

1940年にウィリアム・ハンナとジョセフ・バーペラの天才コンビが世に送り出した短編アニメーション『トムとジェリー』。ネコとネズミのドタバタ劇は瞬く間に人気を博し、7回のアカデミー賞に輝く大ヒットシリーズとなりました。子どもの頃に見た“ワクワク”“ハラハラ”なアニメーションは、世代を超えて世界中の人々から愛され続けています。本展は、2020年に誕生80年を迎えることを記念し開催される世界初の展覧会。
アメリカのワーナー・ブラザース アーカイブで保管されていたものを中心に、約250点の原画や資料を展観します。

『トムとジェリー』のデビュー作「上には上がある」の貴重なセル画や設定資料、アカデミー賞に輝いた「ピアノ・コンサート」「武士道はつらい」のラフスケッチやストーリーボードなどを通して作品の魅力に迫ります。

また『チキチキマシン猛レース』や『原始家族フリントストーン』など、日本の子どもたちをも虜にしたハンナ=バーベラ作品も振り返ります。いつまでも色あせることのない作品たちの魅力を会場でお楽しみください。


トム(猫)とジェリー(ネズミ)の絵は観たことがあったが、アニメは観たことはなくテレビで放送されていたことは全然知らなかった。このような展覧会は子供・幼児が対象で乳母車のパーキングはいつも満車であるが、現在放送されいてないので幼児連れのお母さん方は少なかった。20代から30代以上の人達が多く懐かしく思ってあれも観た、これも観たと言いながら鑑賞していた。アニメの放送で歌がかかると一緒に歌っていた。

同時に隣の会場(部屋)では、「工藤ノリコ 絵本作家20周年記念 ノラネコぐんだん展」を開催していてこちらも若い人の入場で賑わっていた。

「トムとジェリー展」と「ノラネコぐんだん展」のグッズ売り場が並んであったので混雑で通り抜けるのが大変であった。
家を出掛けるときニュースで銀座のデパートで「令和」のお祝いに振る舞い酒と饅頭を振る舞っていると放送していたが、私達が行ったときはとっくに振る舞う数が終わっていて何もなかった。

posted by アンリ・シバ at 13:02| 近郊散歩