2017年12月22日

2017年12月18日 国立新美術館  第42回 土日会展

 毎年観覧に行っている「土日会展」。「土日会」は日本大学芸術学部卒業生を中心に結成された団体であるが、現在は日本大学芸術学部卒業生という枠から脱し、公募団体になっている。

posted by アンリ・シバ at 18:22| 近郊散歩

2017年12月10日

2017年12月06日(水) ggg(ginza graphic gallery) MARIMEKKO SPIRIT

松屋銀座での「MOOMIN パペット・アニメーション展」を見た帰り、同じ銀座のgggで行われていた「MARIMEKKO SPIRIT 展」を覗いて見た。マリメッコはフィンランドのデザインハウスでフィンランドのファッション・ブランドとしてクロージング、バッグ・アクセサリー、ホームデコレーションといった分野で独自のデザインを発信し続けている。今回の日本での展示会は、パーヴォ・ハロネン、マイヤ・ロウエカリ、アイノ=マイヤメッツォラの3人の作品が展示されていた。

秋の日暮れは早く、展覧会を見終わった頃は外は真っ暗になっていた。と言いたいところであるが所は銀座、数多いネオンとイルミネーション、ショウウインドウなどの明るさで、さすが夜の銀座の美しさは日本一かも知れない。久し振りに夜の銀ブラを楽しんだ。外人のツアー客が買い物と銀ブラにバスで乗り付けていてバスが何台も並んでいた。

posted by アンリ・シバ at 16:58| 近郊散歩

2017年12月06日(水) 松屋銀座 MOOMIN パペット・アニメーション展

「松屋銀座」のHPには今回の展覧会について次のように説明してある「ムーミンは、フィンランドの作家トーベ・ヤンソンの小説『小さなトロールと大きな洪水』(1945年出版)において“ムーミントロール”として登場しました。その物語は、絵本やコミックス、アニメーションなどを通して世界中に広がっていき、今では世代を超えて多くの人々に愛され続けています。そして今冬、12月2日(土)には、最新劇場版映画「ムーミン谷とウィンターワンダーランド」が全国公開されます。この作品は、1978−82年トーベ監修のもと、テレビシリーズとして製作された短編アニメーションを再編集、デジタルリマスター化した劇場版長編パペット・アニメーションです。
本展では、映画の公開を記念して、撮影で実際に使用されたパペット、セットの模型や当時の関連資料などを展示いたします。映画の名場面をみて楽しむコーナーや、トーベの原作と映画のワンシーンを比較する展示により、ムーミンの世界をさらに知るコーナーもご紹介いたします。知られざるムーミンのパペット・アニメーションの世界をお楽しみください。」

ムーミンの作家、トーベ・ヤンソンについての展示やムーミン物語の原画などが数多く展示されているものと思っていたが展示物は少なくすぐ見終わった。展示会場から一歩外に出ると、そこはムーミン・グッズの海であった。売り場で並べられているグッズの多いこと一回り見るだけで展覧会を見る時間の4倍はかかった。


posted by アンリ・シバ at 16:38| 近郊散歩

2017年11月27日

2017年07月12日 東京国立博物館 表慶館 フランス人間国宝展

フランス人間国宝とは、フランス文化・通信省により、伝統工芸の最高技能者に授与される称号で現在124名いる。これは、日本の通称「人間国宝」(重要無形文化財保持者)にならってつくられたものである。
今回はその中の15名の作品が展示されていた。陶器、革細工、鼈甲細工・眼鏡、金銀細工、壁紙、麦わら象嵌細工、真鍮細工、雨傘・日傘、扇、折り布、銅板彫刻、エンボス加工(ゴフラージュ)、紋章彫刻、羽根細工、ガラスの作品であった。実用に使うものもあったが装飾的なものが多かった。

posted by アンリ・シバ at 22:32| 近郊散歩

2017年07月12日 東京国立博物館 平成館  「 運 慶 」

東京国立博物館のHPの説明によると、「日本で最も著名な仏師・運慶。卓越した造形力で生きているかのような現実感に富んだ仏像を生み出し、輝かしい彫刻の時代をリードしました。本展は、運慶とゆかりの深い興福寺をはじめ各地から名品を集めて、その生涯の事績を通覧します。さらに運慶の父・康慶、実子・湛慶、康弁ら親子3代の作品を揃え、運慶の作風の樹立から次代の継承までをたどります」と記されていた。
観覧を希望する人が多く、連日入館するのに長い列ができ60分・70分待ちが続いていた。そのため本日から最終日まで開館時間を21時まで延長した。入館時間ぎりぎりの20時30分でも急ぎ足でくる観客が目立った。

posted by アンリ・シバ at 22:29| 近郊散歩

2017年11月12日

2017年11月11日(土) 調布市グリーンホール   調布市青少年吹奏楽団 第62回調布市民文化祭

 
                        指揮 小倉利文
                            森安 亮
第T部
 〜 吹奏楽とオーケストラの響き 〜
 
     マーチ サーベルと拍車       ジョン・P・スーザ
     小夜曲                   アルフレッド・リード
     喜歌劇『軽騎兵』より序曲          フランツ・V・スッペ
    
第U部
       〜 リクエスト・コーナー 〜

     セプテンバー             アース・ウィンド&ファイヤー
     映画『ティファニーで朝食を』より
                ムーンリバー    ヘンリー・マンシーニ
     映画『ロシュフォールの恋人たち』より
              キャラバンの到着    ミシェル・ルグラン
     
第V部
 〜 オペラと吹奏楽の響き 〜

歌劇『ZAMPA』より序曲   フィルディナン・エロルド
吹奏楽のための第二組曲    グスターヴ・ホルスト

その他



posted by アンリ・シバ at 15:26| 近郊散歩

2017年10月05日

2017年10月04日(水)山種美術館                   企画展 上村松園 ─ 美人画の精華 ─

生涯を通じて清澄な女性の姿を描き続けた上村松園(1875〜1949)の美人画展で山種美術館のコレクションの中から18点が公開されていた。また、さまざまな画家の美人画も多数展示されていた。鈴木春信、喜田川歌麿、歌川広重、小林古径、伊東深水、片岡珠子、奥村土牛、小倉遊亀、鏑木清方など30余名の画家の作品が公開されていた。

posted by アンリ・シバ at 15:38| 近郊散歩

2017年09月29日

2017年9月28日(木) 東京ニューシティ管弦楽団 第114回定期演奏会

 八ヶ岳の家の隣の息子さんの奥さんがピアニストで東京ニューシティ管弦楽団と共演するというので久しぶりにオーケストラのコンサート鑑賞に出かけた。ラフマニノフのピアノ協奏曲第4番は初めて聴いたがわたしの好みの曲ではなかった。パガニーニの主題による狂詩曲が一番良く、ブラームスの交響曲第1番は聴き慣れた曲でこれも良かった。

  ラフマニノフ/  ピアノ協奏曲第4番ト短調 op.40
  ラフマニノフ/  パガニーニの主題による狂詩曲 op.43
  ブラームス/    交響曲第1番 ハ短調 op.68

     指揮:内藤 彰
     ピアノ:稲田潤子
     管弦楽団:東京ニューシティ管弦楽団


posted by アンリ・シバ at 19:07| 近郊散歩

2017年08月14日

2017年08月12日 東京国立博物館  日タイ修好130周年記念特別展 「タイ 〜仏の国の輝き〜」

今年は日タイ修好130周年の年にあたるそうで、これを記念した展覧会が「東京国立博物館」で開催されている。
仏教文化の名品が数多くき来ていて、門外不出の名宝も来ているので見る価値があると言われて出掛けた。確かに展示物は国宝級のものが数多くあると思われたが残念ながら教養がないのでタイ仏教美術の美しさを十分感じることが出来なかった。

最初は8月9日(水)に行く予定をしていたが、当日は東京地方は猛暑になり、都心の気温が38℃になるということで外出は危険という情報が出て外出は諦めた。12日は午後2時半ごろ上野駅に着いた。東京文化会館前に立て札を持った女の人がいた。立て札には「国立科学博物館」は入場までに110分待ちと書いてあった。「国立西洋美術館」のチケット売り場を歩きながら横目で見ると長蛇の列である。入場までに時間がかかりそうである。「東京国立博物館」と「国立科学博物館」へは観客は平行して歩く。「国立科学博物館」へは子供連れの人が多く全体としても「東京国立博物館」へ行く人より多い。「東京国立博物館」も平成館の前に行列が出来ているのではないかと思っていたが待つことなく入場できた。会場内もあまり混んでなくて展示物を観賞するには良かった。


posted by アンリ・シバ at 19:17| 近郊散歩

2017年06月22日

2017年06月17日(土) 成城学園澤柳記念講堂 第40回 メイフラワーコンサート

プログラム
指揮 松岡 究  成城大学レストロ・アルモニコ管弦楽団

L.v.ベートーベン 劇音楽「エグモント」序曲Op.84
J.シベリウス カレリア組曲Op.11
P.チャイコフスキー 交響曲第1番「冬の日の幻想」Op.13


posted by アンリ・シバ at 18:44| 近郊散歩