2019年01月06日

2019年01月06日(日) 小田急百貨店新宿店      アール・ヌーヴォーの華、アルフォンス・ミュシャ展

小田急百貨店のアルフォンス・ミュシャ展の説明には次のように書かれているので転載する。
『アルフォンス・ミュシャ(1860-1939)は、19世紀末のヨーロッパにおいて流行した「アール・ヌーヴォー」の代表的な画家、デザイナーとして知られています。現在のチェコ共和国に生まれ、幼い頃から絵を描き続けたミュシャは、近隣の領主エゴン伯爵に才能を認められ、1887年、伯爵からの援助でパリに美術留学しました。しかし、1889年突如援助を打ち切られ、挿絵などを描いて生計を立てるようになります。
本展では、OGATAコレクションとOZAWAコレクションの中から代表作〈ジスモンダ〉をはじめ、ポスターや装飾パネル、本の挿絵、ポストカードに加え、アメリカ時代から祖国チェコに戻り、スラヴ独特の象徴的表現で制作した作品、デザイン集、雑誌、はがき、当時販売された商品のパッケージ等、珠玉のミュシャ作品400余点を展示いたします』

展覧会終了2日前であったのかどうか分からないが、結構人気でチケット売り場には長い列が出来ていた。デパートでの展覧会は無料招待券がばらまかれていて人集めをしているのが多いが、チケットを買ってまで見たいという人気であった。若い女性だけでなく中高年の男性がいて熱心に観察したり、写真を撮ったりしていた。

過去2回東京都美術館と国立新美術館で開催されたミュシャ展を観ているがその時は天井の高さが2階ぐらいなければ展示出来ない大きな作品が展示されていたが今回は小さな作品が中心であった。

posted by アンリ・シバ at 19:19| 近郊散歩

2018年11月21日

2018年11月21日(水) 東京国立博物館 東洋館 日中平和友好条約締結40周年記念 特別企画 「中国近代絵画の巨匠 斉白石」              

「斉白石展」については東京国立博物館のHPに次のように記されているのでこれを転載する。
日中平和友好条約の締結40周年を記念し、日本初公開となる北京画院(ぺきんがいん)の所蔵品を通じて、中国近代絵画の巨匠・斉白石(せいはくせき)の人と芸術を紹介する展覧会を開催します。斉白石(1864〜1957)は、現代中国で最も有名かつ人気のある画家の一人です。湖南省湘潭(こなんしょうしょうたん)の農家に生まれ、はじめは大工・指物師として生計を立て、のちに画譜や古画を熱心に学び、写生に励み、やがて北京に活動場所を定めて、画家として大成しました。北京画院は中国で最も古く、規模の大きな、近代的美術アカデミーの一つです。創作と研究、人材の養成を通じて、中国美術界の発展と、文化を通じた国際交流に努めてきました。また、初代名誉院長に斉白石を迎え、その優品を多く所蔵することでも知られています。

posted by アンリ・シバ at 22:53| 近郊散歩

2018年11月11日

2018年11月10日(土) 調布市グリーンホール   調布市青少年吹奏楽団 第63回調布市民文化祭

                         指揮 小倉利文
                            森安 亮
第T部
 〜 シンフォニック ステージ 〜
 
     行進曲 『青空に』         上岡 洋一
     
     Flashing Winds               ヤン・ヴァンデル ロースト
     
     組曲『展覧会の絵』より           モデスト・ムソグルスキー
M.H.ヘインズレー編曲
      プロムナード 〜 テュイルリーの庭 〜 ピドロ
                〜 バーバ・ヤーガの小屋 〜 キエフの大門

第U部
       〜 題名のない歌謡祭 〜

     Can You Celebrate ? (安室 奈美恵)
作詞・作曲 小室 哲哉
                         編曲 青島 敏夫

     ヤングマン(Y.M.C.A)(西城 秀樹)  
J.Mrali/V.Wills、H.Belolo
訳詞 あまがいりゅうじ
編曲 宮川 成治

上を向いて歩こう(坂本 九)
作詞 永 六輔
作曲 中村 八大
編曲 山下 国俊

ピンク・レディー・メガコクション (ピンクレディー)
作詞 阿久 悠
作曲 キ倉 俊一
編曲 金山 徹

その他

posted by アンリ・シバ at 19:05| 近郊散歩

2018年11月07日

2018年11月05日(月) パナソニック 汐留ミュージアム          開館15周年特別展 ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテマティスとルオー 展

「パナソニック 汐留ミュージアム」のHPには今回の展覧会について次のように説明してある「当館の開館15周年、そしてジョルジュ・ルオー(1871−1958)の没後60年となる節目の年に、ルオーの画業の軸である「聖なる 芸術」をテーマに、ヴァチカン美術館所蔵の油彩画など日本未公開作品を含む代表作を多数取り上げて、ルオー芸術とそのモデルニテ (現代性)を再考します。作品に込めた画家のメッセージとともに、ルオーの目指した「愛の最も美しいかたち」をご覧頂きます。」


posted by アンリ・シバ at 15:06| 近郊散歩

2018年11月05日  Gallery Ten 今井安貴夫写真展              「そと猫ハチの優雅な生活」

上野の公園を住み処としたハチという猫の物語が紡がれます。

posted by アンリ・シバ at 14:56| 近郊散歩